酸化マグネシウムとは?

酸化マグネシウムの効能は主に3つあります。
まず一つ目は排便を促す効果です。下剤を目的とする他に、便秘解消としても使用されています。
二つ目に制酸作用の効果があげられます。字のとおり酸を制限する作用を指しており、酸化マグネシウムを摂取することで、胃酸に反応し中性物質を生成します。胃酸を中和させる目的で、以前は胃炎といった病気に使用されていました。
最後に、酸化マグネシウムは尿路蓚酸カルシウム結石の予防としても効果が得られます。
このように酸化マグネシウムは便秘薬だけでなく、様々な用途でも広く扱われています。

酸化マグネシウム便秘薬の効果について

酸化マグネシウムはなぜ便秘に効くのか?

一般的に便秘は、腸の内容物が硬く少ないために排便を促す蠕動(ぜんどう)運動がうまく機能しないことで引き起こります。酸化マグネシウムを服用することで、体内から腸内へと水分を引き寄せます。この水分によって、腸の内容物をやわらかく膨張させることで、蠕動運動を促すことができるのです。腸内にある硬くなってしまった少量の食べ物のカスに反応することで便の排泄を可能としています。

なぜ便秘薬として使用されることが多いのか?

便秘薬は大きく「刺激性便秘薬」と「非刺激性便秘薬」に分けることができます。酸化マグネシウムは後者の非刺激性便秘薬に分類されます。非刺激性便秘薬は、上記で説明したように、胃の内容物に対して作用するため、直接腸に刺激を与えることはありません。
一方で刺激性便秘薬は、直接腸に働きかけるタイプなので服用時に副作用として腹痛を伴う恐れがあります。また長期間服用し続けていると体に耐性ができてしまい、今までの量では効果が得られなくなる可能性も生じます。効き目を感じたい、とだんだん服用量が増していってしまう恐れがあるのです。
その点、非刺激性である酸化マグネシウムは副作用も無く、用法容量を守って服用すれば安全な薬であると言えるでしょう。ただ後ほど詳しく解説しますが、酸化マグネシウムを服用することで高マグネシウム血症を引き起こすことがあるので注意が必要です。

1 2