コンビニ食品で糖質制限はできる?

「忙しくて自炊ができない」「食事はコンビニで買うことが多い」という人でも、糖質制限をすることは可能です。むしろコンビニには糖質制限向き!低糖質食品がたくさん揃っています。選び方ややり方さえ注意すれば、楽に、飽きずに糖質制限を続けることができますよ。

コンビニ食品で糖質制限をする時のポイント

糖質は控え過ぎない
スタンダードな糖質制限の1日の糖質摂取目安量は70~120gとされています。コンビニおにぎりも1日2個までならダイエット効果も期待でき、無理なく続けられます。
総菜やホットスナック系を取り入れる
代謝を落ちにくくするためにも、たんぱく質は積極的に取り入れたい栄養素です。総菜やホットスナック系は糖質が低くたんぱく質もとれるのでおすすめ。
コンビニ限定の低糖質商品を利用する
低糖質パンや低糖質スイーツ・スナックなどが選べるのはコンビニのメリット!糖質が高い食品を食べたくなった時には利用しましょう。

コンビニのおすすめ低糖質食品8選

主食系

ブランパン
2個で糖質2.2g。糖質制限で不足しがちな食物繊維もしっかりとれます。総菜パンや菓子パンなど種類も豊富。
スープ春雨
糖質10~20g。麺類感覚で食べられて、お腹にも溜まります!

総菜・ホットスナック系

サラダチキン
糖質約0~2g。脂質もカロリーも低いのに、たんぱく質はしっかりとれます。間食やサラダのトッピングにも◎。
おでん
卵、こんにゃく、昆布、大根、牛すじ、つくねなどがおすすめ!全部糖質5g以下です。
焼き鳥
もも肉(タレ)1本で糖質約2g。砂糖を使っていない塩焼き鳥ならもっと低糖質です!
フランク
1本で糖質約3~4g。がつんとボリュームがあるのに意外と低糖質なコンビニ商品です。

スイーツ・お菓子系

ゼリー
フルーツ系の寒天ゼリーやコーヒーゼリーは低カロリー&低糖質!
ナッツ
ナッツは栄養も豊富でダイエットにおすすめです。キャラメルやきな粉でコーティングされたものも意外と糖質低め。
この他にもコンビニには優秀な低糖質商品がたくさん!主食やお菓子に関しても、糖質がカットされた商品が続々登場しています。楽しく正しく選んで、糖質制限を成功させましょう!