炭水化物抜きダイエット成功の6つの秘訣

効果が出やすく、ダイエッターに人気の“炭水化物抜きダイエット”。ご飯やパンなどの炭水化物を減らすだけという手軽に挑戦できる点も魅力です。ただ、実際にやってみるとけっこうキツイ!リバウンドしやすく、体調を崩す原因にもなる危険なダイエット法とも言えます。そこでここでは、炭水化物抜きダイエットを安全に成功させるための6つのコツをご紹介していきます!

炭水化物の多い食品と少ない食品を知っておく

炭水化物が最も多く含まれるのはご飯やパン、麺類など。基本的にこれらを避けていれば大幅なカロリー&糖質カットができます。その他、芋類、根菜類、お酒、お菓子などは避けるのがベター。ちょっと小腹が空いた時に食べられる低炭水化物の食材を知っておくのも成功の秘訣。チーズ、ゆで卵、ナッツなど、間食のバリエーションを増やしておくのがおすすめ。

減らし過ぎない

主食の炭水化物量が高いからと言って、一切食べないのはNG。エネルギー不足になって、体や頭が働かなくなります。ドカ食いにも繋がりやすくなるので注意。今まで食べていた量の半分程度にするなど、適度に炭水化物を減らしていきましょう。

炭水化物の代わりを見つける

炭水化物を減らすと、どうしても食事の満足感が得にくくなります。豆腐、きゅうり、ブロッコリー、もやしなど、ご飯に変わるお腹に溜まりやすい食材を揃えておくと◎。またご飯に粒こんにゃくを混ぜてカサ増ししたり、食パンをブランパンに置き換えるなど、低糖質食品をうまく取り入れていくのもおすすめです。

1 2