顔がむくむのはなぜ?

顔は特に寝起きにむくみやすい箇所です。横になっている事で水分が顔に滞りやすくなるのが一番の原因です。他には塩分の取りすぎやアルコールが原因です。顔のむくみを手早く取り除きたい時はマッサージなど体液循環がスムーズに行われるようにします。そうする事でむくみが取れます。

むくみを取るには

タオルを使ったマッサージ

1.タオルを顔の右側に当て、左手を頭の上に置いてタオルを押さえる。
2.右手で眉間から→の耳にむかって30回優しく撫でる。
3.右の顎から右耳に向かって30回優しく撫でる。
4.タオルを右手に持ち替え、右耳から鎖骨の中心に向かって30回撫でる。
5.鎖骨のラインにそって30回なでる。
6.左側も同様にマッサージする。

足湯を使う

マッサージの方法などがわからない時、しっかりむくみを取りたい時に有効です。やり方は2通りあります。少し時間がかかるのですが、顔にシーツの跡がついた時などはむくみが原因なので足湯で体を温めるのが実は一番手っ取り早い解消方法なのです。
【足浴】
1.足が入る洗面器やバケツなどにちょっと熱いなと思う程度のお湯(43度ほど)を張る。
2.くるぶしまで湯に浸ける。
3.10~15分ほど経って体が温まるのを待つ。
足を温める事で血流を良くしてむくみを解消します。
【温冷交代浴】
1.43度ほどの熱い湯を浴槽に張って、ひざから下を湯に浸ける。
2.3分ほど浸けたら冷水のシャワーを爪先からひざ下にむかって10秒ほどかける。
3.温めて冷やすのを5回ほど繰り返す。

蒸しタオルを当てる

とにかく時間がない時には蒸しタオルを当てるだけでも違います。まぶたの腫れはいきなり冷やしがちですが、そうすると血流が滞ってしまいますので、冷やしたい時もまず最初は温めてから冷やす方法を試してみましょう。