内臓脂肪レベルとは?

内臓脂肪はお腹の内側についてしまう脂肪のことですが、「そのレベルって…?」と疑問に思う人も多いと思います。簡単に言うと内臓脂肪レベルとは、内臓脂肪の面積を分かりやすいように数字に表したものです。目安としては内臓脂肪レベル1~9が標準、10~14がやや高め、15~30が高めと判断されます。

性別、年齢別で見る内臓脂肪レベルの平均値

内臓脂肪レベルの平均値は一つに断定することはできません。性別や年齢などでも内臓脂肪の量に違いが出てくるからです。
<男性の平均>
20代…内臓脂肪レベル6
30代…   〃   8
40代…   〃   9
50代…   〃   10
60代…   〃   12
<女性の場合>
20代…内臓脂肪レベル3
30代…   〃   4
40代…   〃   5
50代…   〃   7
60代…   〃   6.5
内臓脂肪は男性の方がつきやすいという特徴があります。年齢を重ねるにつれて内臓脂肪レベルが高くなっているのは、仕事などで食事の管理ができない、運動不足になりやすい、お酒を飲む機会が増える、ダイエットや体型への関心が低くなるなどの原因が挙げられます。

内臓脂肪レベルを知る方法

目安や平均が分かったところで、気になるのは自分の内臓脂肪レベルですよね。一番分かりやすい方法は内臓脂肪レベルが計測できる体重計を使うことです。持っていないという人は、はっきりとした数値を出すことはできませんが次の方法で内臓脂肪レベルが高めかどうかを判断することができます。

見た目

お腹がぽっこりと出て張っていて、お肉がつかめない場合は内臓脂肪が多い証拠です。

ウエスト

男性は85cm以上、女性は90cm以上の場合、要注意とされています。

体脂肪率

男性は25%以上、女性は30%以上の場合、内臓脂肪レベルが高い可能性があります。
内臓脂肪レベルが高いと肥満だけではなく高血圧や糖尿病などの病気にかかりやすくなります。気になる場合はヘルシーな食事や運動などを生活に取り入れていきましょう。