内臓脂肪を減らすには

ポッコリお腹の原因となる“内臓脂肪”。たくさんついたまま放っておくと高血圧や糖尿病などさまざまな生活習慣病を引き起こします。「最近お腹周りが気になる…」という人は、内臓脂肪を減らす対策を取り入れましょう!効果的な方法には次のようなものがあります。
・バランスの良い食事
・カロリーコントロール
・お酒を控える
・有酸素運動
これらを取り入れて習慣にすることで内臓脂肪は減らすことができます。またこういった対策を続けやすくするためにストレスを溜めないことも大切です。できるものから少しずつ取り入れて、自分のペースで内臓脂肪を減らしていきましょう。

内臓脂肪を減らす3つの運動

内臓脂肪を減らすには食事ももちろん大切ですが、体を動かす習慣をつけるのも重要なポイントとなります。特に効果的なおすすめの運動を3つご紹介します。

ウォーキング

運動の中でも特に効果的とされるのが有酸素運動です。続けやすく、体に負担がかかりにくいウォーキングはおすすめです。1日20~30分を目安ですが、まとまった時間が取れないという人は10分のウォーキングを1日に数回行うやり方でもOKです。

エアロバイク

外で運動したくないという人や、歩くのが苦手という人には家の中でできるエアロバイクがおすすめです。自転車をこぐのも立派な有酸素運動になります。

筋トレ

エネルギーを燃やす筋肉を鍛えることも内臓脂肪の減少に繋がります。有酸素運動の前に行うと脂肪が燃えやすくなるというメリットもあります。
運動をする習慣がなかった人はまず買い物や通勤など、普段の生活の中で歩くことを少しずつ増やしてみましょう。「駅では階段を使う」などでもいいですね。毎日のちょっとした工夫で、気になる内臓脂肪を落としましょう!