日本学生支援機構(JASSO)とは

2004年に設立された独立行政法人。奨学金貸与や留学支援を行い、大学生の2.6人に1人がJASSOの奨学金を利用しています。

2004年に財団法人内外学生センターなどと統合して設立された独立行政法人「日本学生支援機構」(JASSO)。第一種・第二種を中心とする奨学金事業を中心に、海外留学者の支援事業や、ソウルやジャカレタに置かれた日本国際教育交流情報センターの運営など、外国人留学生向けの支援事業も手掛けています。
日本学生支援機構によると、日本人のサラリーマンの平均給与が年々減少する一方で大学の入学料と授業料は高止まりしており、日本の大学生の2.6人に1人が同法人の奨学金を利用しているそうです。「独立行政法人」というと堅いイメージもありますが、多くの学生の学業・生活に役立っている団体なんですね。

奨学金の種類と申し込み方法

日本学生支援機構が運営している奨学金は大きく分けて2つあります。
・第一種奨学金
専修学校(専門課程)~大学院にいたる高等教育の学生を対象にした無利子の奨学金です。利用には厳しい条件があり、高校での平均成績が5段階評価で3.5以上。さらに家計の年収にも制限が設けられ、3人家族の場合、目安として前年の年収が752万円を上回っていると申し込むことができません。また、最近では卒業後の返済を滞納する利用者も多いようで、財源の厳しさのせいか基準を満たしていても利用できないケースがあるようです。
・第二種奨学金
第一種奨学金に比べる選考のハードルが低い、有利子の奨学金です。第一種奨学金と同じ区分の学生を対象とし、高校の成績が平均水準以上かつ家庭の年収が一定以下(3人家族の場合、目安として1080万円以下)なら申し込めます。

申し込み方法

第一種・第二種とも「予約採用」(高校3年次に申し込み)、「在学採用」(大学などに入学してからの申し込み)、「緊急・応急採用」(病気や災害などで家計の年収が大幅に減った場合の申し込み)の3つ申し込み方法があります。
最も一般的な予約採用は在籍している高校を通じて申し込む方法で、具体的な手続きは以下のページで詳しく紹介されています。
日本学生支援機構 予約採用の申し込み
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/yoyaku/teishutsu/index.html