初回の振込日の注意点

「受験も受かったし、奨学金の審査もOK。あとは入学を待つだけ」、「キャンパスライフを満喫するぞ!」と思ったのもつかの間‥。
奨学金を利用する人のなかには、大学や短大に入学しても奨学金がなかなか振り込まれず焦るケースも多いようです。これには入学日と振込日のズレが影響しています。

地方自治体や民間団体の振込日

地方自治体や民間団体の奨学金は、年額が一括で振り込まれるものもあれば、月ごとに支給されるものもあります。申請日によって振込日が大きく変動することもあるので、利用する前にパンフレットやWebサイトで確認しましょう。

日本学生支援機構(JASSO)の振込日

多くの人が利用する日本学生支援機構(JASSO)の貸与型奨学金の場合、初回の4月の振り込みは毎年4月21日前後。大学によっては日本学生支援機構との手続きの問題で5月半ばに4月分とあわせて振り込まれることも多いようです。
これに対して大学や短大の入学式は毎年4月5日前後。入学したからといって即奨学金が振り込まれる訳ではないので、振込日についてはJASSOのWebサイトで事前に確認しておくようにしましょう。
日本学生支援機構 振込日カレンダー(2016年度版)
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/furikomi_bi.html
さらに入学金の支払いについても注意する必要があります。多くの大学や短大では合格発表から2週間以内に入学金の振り込む必要があるので、4月半ば以降に振り込まれる奨学金を充てることはできません。

2回目以降の振込日について

日本学生支援機構の奨学金の場合、2回目以降(5月または6月以降)の振り込みは毎月11日を原則に上記のカレンダーに沿って振り込まれますが、1点注意したいのは奨学金の貸与停止です。
授業の出席率や成績があまりにも悪い場合、在学中でも奨学金の貸与がストップされてしまうケースがあります。これは地方自治体などの奨学金でも同様です。思い当たる節があったら、奨学金の運営団体や大学や奨学金窓口に確認してみた方がいいでしょう。