ヨーグルトダイエットのやり方

ヨーグルトに便秘解消効果があるのは有名ですよね。実はその他にもいろいろな効果があり、特に脂質の代謝をサポートする効果はダイエッターの間で注目が集まっています。そんなヨーグルトを使ったダイエットのやり方にはどんなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

食前ヨーグルト

食事の前にヨーグルトを食べる方法です。空腹感を満たし食事量を抑えることができる、また食べたものの脂質の代謝がアップして太りにくくなるというメリットがあります。

夜ヨーグルト

夕食後にヨーグルトを食べる方法です。腸が活発に動く22時~翌2時の前にヨーグルトを摂取することで翌日のお通じがよくなります。

置き換え

夕食を無糖ヨーグルトに置き換える方法です。100~200gを目安に食べます。甘みが欲しい時はフルーツをトッピングするか、少量のハチミツやきな粉をかけるなどアレンジしてもOKです。

ヨーグルト断食

無糖ヨーグルトで1日過ごすプチ断食法です。デトックスや脂肪燃焼が期待でき、体のリセットをしたいときに最適です。長期間行わないこと、水分をしっかりとることが成功のポイントです。

食べ過ぎるとどうなるの?

ヨーグルトには整腸作用があり、もともと胃腸が弱い人は腹痛や下痢になりやすいので注意が必要です。また一度にたくさん食べてしまうとヨーグルトのたんぱく質や脂質がうまく消化されずに便秘が悪化してしまう場合も考えられます。ダイエット中にヨーグルトを食べる時に特に注意したいのが糖分やカロリーについてです。お砂糖が入っているものは食べ過ぎると太りますし、無糖でもフルーツやシリアルなどと一緒にたくさん食べればカロリーの取り過ぎになってしまいます。
ヨーグルトの効果を生かしてダイエットを健康的に成功させるためにも、正しいやり方と適切な量で実践しましょう!