ホットヨーグルトのダイエット効果とは?

ホットヨーグルトとは名前の通り温めたヨーグルトのことを言います。「あったかいヨーグルトなんて本当にダイエットに効くの!?」と思う人もいるかもしれませんが、実はこの“温める”という工程がダイエット成功のポイントなんです。効果・やり方を詳しく見ていきましょう。

体を温める

普通のヨーグルトにもダイエット効果はあるのですが、体が冷えてしまうというデメリットもあります。その点ホットヨーグルトは胃腸を温め冷えを防止し、代謝が下がるのを防いでダイエットをスムーズに進めることができます。

消化・吸収率アップ

胃腸が温まることで便秘を解消する乳酸菌や脂質の代謝を促すビタミンなどの吸収率が上がります。

イライラ防止

ホットヨーグルトではカルシウムの吸収率も良くなります。カルシウムにはダイエット中のイライラやストレスを和らげ、停滞期を招きにくくする効果もあると言われています。
ほかにも花粉症の緩和や風邪予防、美肌効果なども期待できます。

ホットヨーグルトの作り方

① 耐熱容器に無糖のプレーンヨーグルト100g、水大さじ1を入れて軽く混ぜる。
② 電子レンジ500wで約1分温める。
ヨーグルトの乳酸菌は60℃以上になると減ってしまいます。温め過ぎには注意しましょう。酸味が気になる場合は少量のハチミツやきな粉、ココアなどで甘みをつけるのがおすすめです。

ホットヨーグルトダイエットのやり方

3食のうち1食をホットヨーグルトに置き換えるのが基本のやり方です。1食分のカロリーが大幅にカットできるのでダイエット効果が高く、栄養価も高いのでリバウンドしにくいという特徴があります。特に夜に食べるのがおすすめです!寝ている間に栄養がしっかり吸収され、よりダイエット効果が高まります。
置き換えが辛いという人は夕食後に食べるだけでも効果がありますよ。自分に合ったペースと方法で、ホットヨーグルトダイエットを成功させましょう!